本文へ移動

ご法事・ご供養

当山ではご法要・ご供養をお受けしております。当山で墓地をお持ちの檀信徒の皆様以外の方でもお気軽にご相談ください。
ご法要は追善供養(ついぜんくよう)とも申します。追善とは故人のために、あとから追って善い事や福をささげすすめるという事です。
亡くなれた方の命日や忌日に、親類縁者や故人との付き合いの深かった人達が集まって、故人の歩まれた人生を讃え、故人にご生前頂いたご恩に感謝し、ご供養をささげることが大事とされています。
ご家族数名またはお一人だけでもご法事・ご供養は可能です。故人は供養の催促はいたしませんが、縁深き皆様のご供養をお待ちしております。
ご供養を頂いた故人は感謝をされ必ず大切なご家族をお守りされることでしょう。

ご法要には様々ございます

【満中陰忌法要(ちゅういんき)】四十九日忌とも申します
人が亡くなって次のいのちをうけるまでの四十九日間をいい、七日ごとに追善供養を行う事を中陰法要といいます。
亡くなって七日目を初七日忌といい、四十九日忌(七七日忌※七回目の七日目)を満中陰といい、七日ごとの法要のなかで最も大事とされています。
【年忌法要】(ねんき)
亡くなった年の翌年から一定の決められた年数にとり行う法要のことです。お日にちは故人の祥月命日近くに行われることが一般的です。
 
【一周忌法要】(いっしゅうき)
亡くなってから一年目にとり行う法要です。一周忌の周とは亡くなってちょうど一年(一周)周ったとお考えください。
 
【三回忌法要】(さんかいき)
亡くなってから三年目(三回目)にとり行う法要です。一周忌の翌年となります。
 
【七回忌】・・・亡くなって満六年目【十三回忌】・・・亡くなって満十二年目と続き、二十三、二十七と五十回忌となります。
基本的に三と七のつく年忌にとり行われます。詳しくはお寺までお気軽にお問合せください。
当山 客殿
当山本堂裏にある客殿(参列者のお休み頂くお部屋)となります。
25名・50名のお部屋をご用意しております。厨房完備なので法要後のお斎(お食事)も可能です。
客殿玄関
25名部屋
50名部屋
宗教法人宏善寺
〒194-0032
東京都町田市本町田3409番地
TEL.042-722-1039
FAX.042-724-0129
TOPへ戻る